横審、貴乃花親方にも「非難に値する」 日馬富士は「引退勧告相当」

白鵬も当事者なのに全くペナルティがないのは甘いですね。横審と相撲協会に不信感を募らせてしまう人がいても不思議じゃありません。貴乃花親方に厳しく当たっているのは、目の上のたんこぶだからとでも言わんばかりの対応です。横綱だからこそ厳しく躾けるのが年長者のなすべき事だと思います。特に八角の当たり障りのない発言を聞いているとイライラしてしまいます。もう世間の考え方からズレているとか、そんなレベルではないと思います。貴乃花親方が警察に届け出ていなかったら、立場の弱い貴ノ岩の事件は揉み消されてしまったんじゃないでしょうか。これほど問題を世間に露呈できたのだから、誉められても罰を与えられるのは筋が通っていません。

日本相撲協会が20日、東京・両国国技館で諮問機関である横綱審議委員会(横審)の臨時会合を開いた。10月に起きた元横綱日馬富士の貴ノ岩への暴行について、北村正任委員長は「日馬富士はすでに自ら引退を表明しておりますけど、当委員会としても、この暴力事件、傷害事件は『引退を勧告するに相当する事案』だったと判断いたしました」と発表した。

また、現場に居合わせながら、事件に発展することを防げなかったとして、白鵬、鶴竜の両横綱に「責任を軽く見るべきではない。協会全体として取り組んでいる暴力絶滅への心構えに徹するように両横綱に厳重に注意すべき」とする進言を協会に行うと明かした。

横審は全会一致で以上の判断をした。日馬富士については「暴力をなくしようと各方面が努力している中で、全力士の模範となるべき横綱がケガをさせるような暴力をふるったことについては重大なことだと判断せざるをえない。自発的に引退したことを少し評価するとしても、引退勧告はやむなし。そういう重い責任を、負ってしかるべきだということです」と重い判断を下した理由を説明した。

今年の九州場所11日目で白鵬が勝負に敗れた後に判定を不服とするようなそぶりを見せたことと、千秋楽のインタビューについて、協会が厳重注意としたことについても取り上げ、「このことは誠に適切な措置だったと確認しました」とした。張り手、かち上げを多用する取り口についても横審各委員に投書の形で批判の声が届いているといい「白鵬自身の自覚をどううながすかということでしょうけど、協会としても工夫、努力してほしいという意見の表明がありました」と改善を願った。

被害を受けた貴ノ岩の師匠、貴乃花親方についても苦言を呈した。理事、巡業部長という協会の運営に携わる立場にあることから、横審全体の意見として「貴乃花親方の言動は非難に値する」と表明した。「1人の親方であり、執行部の理事であり、この親方が執行部のメンバーであることの責任をまったく放棄している。普通の組織体の中ではありえない。こういう意見がほとんどでした」と協会に対して協力すべきだとした。貴ノ岩本人へは「みんな心配しています。このままでは彼の相撲人生がどうなるか」と心配する声が上がったと振り返った。

シェアする

フォローする