サンフランシスコ慰安婦像の隠れた助力者はアニータ・リー市長夫人

衣装からの印象は一切考慮に入れずとも、何処から見ようと韓国顔。ようやく真の大ボスが姿を現したかって気分です。サンフランシスコ市の中韓侵食図的には票がぶれるより、一極集中で祀り上げる…そんな未来が予想されますし、次はこの人が市長になりますかね?「日本の愚行に対する唯ひとつの誠意を求め、志半ばに散っていった夫の遺志を継ぐ」…なんて演技めいたお題目で。聞くにあちらの地方ではあまり投票率が宜しくないそうなので、割と現実的な嫌な話です。そもそも何らかの精神的苦痛も伴う被害をあった場合、その後の望みは復讐や謝罪だけは無いと思うんですよね。人によっては「表沙汰にはされたくない」「恥ずかしい」「もう忘れたい」と前向きに牙を剥く人だけとは限らないんですよ。それが何十万人でしたっけ?現状生き残っている方でも40人前後いましたよね。その数だとしても全員満場一致で大怪獣よろしく火を吹いているとかありえません。確実に何割か嫌々ながら、意固地な被害者感情に巻き込まれて強制参加させられているはずなんですよ。それこそが恥じであり、身内の傷を抉ってまで利用する悪魔みたいな所業。もちろんご存知の通り根っこから虚言なのでこの話も成り立ちませんけど、韓国側目線に立った事実前提としてですら、ありえない連中って言いたいわけです。

12日に亡くなったサンフランシスコ市のエドウィン・リー市長の夫人、アニータ・リーさんがサンフランシスコ慰安婦像の設置に大きな役割を果たしていたことが分かった。

キム・ジンドク-チョン・ギョンシク財団のキム・ハンイル代表は12日、米州中央日報とのインタビューで「エドウィン・リー市長が亡くなる2日前の10日、中国系コミュニティで行われた南京虐殺80年追悼行事に出席してアニータ・リー夫人に花束を手渡し、韓国人コミュニティからの感謝の挨拶を伝えた」と明らかにした。

キム代表によると、アニータさんはサンフランシスコと姉妹都市関係を結んでいる大阪市の吉村洋文市長の圧迫性の書簡をはじめ、安倍晋三首相まで加勢した慰安婦像設置妨害工作を無にする隠れた助力者役を果たしていた。

一方、親韓派として知られるリー市長の死去の便りで、市には哀悼の声が高まっている。ジェーン・キム市会議員は「庶民の友として市民を愛した真のリーダーだった」として遺憾を伝えたほか、市庁前にはリー市長の死を悼む市民が献花する追慕行列が続いている。

シェアする

フォローする