真鍋はるか

学生時代にてクラスに1人くらいは揚げ足取りが大好きな皮肉屋っていませんでした?自分の思う民進党の印象って正にそれなんですが、正確には面倒な方々が集結しているからこそ面倒この上ないんですよね。ばっさり叩き切ってしまうと、やかましい小蝿。そんな彼らも欲に釣られて小池新党に人員もって行かれたり立憲民主党が出来上がったりと、既に空中分解寸前のご様子。離党者も増えて、遂には再生案として「一端解党しませんか?」って案が出てきてるそうです。しかし先程述べたように党の本質は文句吐いて人の足を引っ張る皮肉屋たち。さあ愉快なほどの大舌戦の始まりです。もっともどんな結末であっても構成する人員…というより性質に大きな変化が見込まれない以上、こんな茶番のような言い争いはそれこそ彼らを雇う税金の無駄。党名として民を進めると書きますが、まるで暗がりにライトも持たず、当てずっぽうで歩を進めているかのようです。彼らが政権をとった時代と言うのはまさしくレミングスのようなものだったのでしょう。

綺麗な黒髪ストレートはある種、日本を象徴する理想の髪型です。

微笑みはあるものの目尻のキツさと厳格さでお近づきになり難い印象を与えてしまってますね。

私服のチョイスも地味に押えることで清楚さを際立てつつ清潔さもアピールできます。

ここまで強気かつ堅実そうに見えると、どうしても気を抜いただらけた姿を見てみたくなります。

警戒も無くご機嫌も重畳。隙があっても膨らみの無さから何のロマンも生まれないのはやや残念。

シェアする

フォローする