“1000回遊べるRPG”を4000回遊んだ男 「SFCトルネコの大冒険」に挑み続けるプレイヤーが語る「不思議のダンジョンには、まだ不思議がある」

ロールプレイングゲームといえばトルネコが一番大好きです。でも4000回繰り返しプレイすることは、一種の修行みたいです。スーパーファミコンのカートリッジの電池が弱いのか、すぐにデータが消えてしまうのが痛いところですが。本体は壊れてしまいましたが、未だにソフトだけはあるので、オークションなどで安く購入できたらまたやりたいです。昔のロープレは、今の写真みたいな画像とは全く違いますが、その分だけプレーヤーに想像させてくれる余地があったように感じます。深い層に降りていって、モンスターハウスに囲まれた時のスリル、最善の一手を考えるまでの長考は将棋の一手と似ているような気がします。製作者が作ったシナリオの上で遊ばされているよりも、筋書きのないシナリオを自分の意思で冒険するような自由度が良かったと思います。これほどの名作なのに、スーパーファミコンミニに収録されてないのは悲しかったです。新しいハードでも遊べるようにしてもらいたいです。

1993年に登場したスーパーファミコン用ソフト「トルネコの大冒険 不思議のダンジョン」(チュンソフト/現スパイク・チュンソフト)。2018年に25周年を迎えるレトロゲームではありますが、遊んでいた方は今でも、あのキャッチコピーを覚えているのでは?

「1000回遊べるRPG」

主人公トルネコが挑む「不思議のダンジョン」は、入るたびにダンジョンの形状が変化。また、いくらレベルを上げても、地上に戻るとレベル1に戻ってしまうという不思議な性質がありました。これらのゲームシステムのおかげで、何度でも新鮮な気持ちで遊べることから、「1000回遊べるRPG」というコピーが採用されていました。

一見、大胆と思えるこの表現、実際には“謙虚すぎた”かもしれません。というのも、今回取材した秋川さんは、同作を実機で4000回以上プレイ。現在もダンジョンに潜っては、Web上にプレイ日記を公開しつづけています。しかも、その日記がめちゃくちゃ細かく、真剣さが伝わってくるのです。「この人、本当にダンジョンに潜っているのではないか」と思ってしまうくらい。

「トルネコの大冒険」の一体何が、彼をこれほどまでに熱中させているのでしょうか。「1000回遊べるRPG」が、1000回では遊び尽くせなかった理由を伺ってきました。

シェアする

フォローする