咲乃柑菜

日本の情報化社会の一端を支えている…と勘違いしているわけでもなく、そう言い張っている現代の巨悪イラネッチケー。何やらようやく一般の市民感情を少しは汲み取ってくれたのか、または地味な汚名払拭に走りたいのか、このたび「受信料の負担軽減策」を検討するとの話が挙がってきました。知りませんでしたが元より生活保護や福祉施設利用者などの対象には、半額ないし全額の免除があるそうで、云わばこの対象をより広めると言う案になっているとの話。具体的には、支払いが経済的に困難な視聴者が対象になるそうです。…さてここまで何事も無く流してきましたが、逆を返すと「金が無くても少しは払えや!」という徴収根性丸出しの強奪案でしかありません。綺麗に言い換えると「こっちは譲歩したんだから、お財布事情厳しくても、ちゃんとこっちの支払いを優先してね」って内容です。ゼロよりはイチの方がまだ金が入る見込みがあるって理屈。しかしこれが通ったらイチで済ますはずも無く、「困難な経済状況の証拠」の提示を迫られ、難癖つけて全額払わせようとしてきそうな未来しか見えないのですが?

美人系なのに無邪気で愛らしいピースサイン、それもダブルでお得感増し増し。

当たり前の様に陽光照り返す中での薄着だと、それが一体どういう用途の服装なのか違和感がなくなってしまいますね。

濃いピンク色と言うのは使いどころを誤ってしまうと急にくどさが増し、痛々しさに包まれてしまうのですが、これはセーフ。

意外と表情としっくり来たおとなしく柔らかなイメージの私服。髪型に惑わされそうになりますが、素は結構若々しいです。

手の大きさを見る限り、相手は男性の方ですよね。本業ネイリストで練習に付き合ってもらっているのでしょうか?

シェアする

フォローする