「悔しいけれどお別れです…でも、どうか忘れないで」 閉園まで半月、スペースワールド最後の広告が泣ける

数年前に訪れたきりですが、閉園となるニュースをはじめて見たときはショックでした。九州のテーマパークと言えばここしかないと言われるほど有名だったので、経営危機に陥っていたなんてびっくりです。ツイッターにはたくさんの思い出をありがとうという感謝でいっぱい埋め尽くされていて、少し目頭が熱くなるものがありました。以前にはスケート場のリンクに氷に魚を入れるなんていう画期的な試みをしていましたが、今考えるとあの辺りは閉園を前に迷走していたのかもしれません。最後は訪れた人がかなり多かったみたいで、普段は並ばなくても乗れるアトラクションも数時間待ちになるほどの人気だったみたいです。あまり知られていませんが、開園したときにはNASAの訓練用の機器もアトラクションとして設置されていて宇宙好きの子供達から憧れの場所として注目されていました。

閉園まであと半月となった北九州市のテーマパーク「スペースワールド」。昨年12月に閉園を発表して以降、「やけくそ」とも思える変わった広告を連発してきましたが、ついに最後のポスターが発表されました。「今年、変な広告ばかりしていたのは、最後まで笑ってスペワに来てもらいたかったからでした」という書き出しで始まるポスター。ツイッター上では「泣ける」と話題になっています。制作の経緯を聞きました。

スペースワールドとは
スペースワールドは1990年、新日本製鉄が八幡製鉄所の遊休地にオープンさせた施設です。

国内初の「宇宙」をテーマにしたレジャー施設でしたが、入場者数は低迷。2005年に民事再生法の適用を申請し、レジャー会社の加森観光(札幌市)が経営を引き継ぎました。

昨年11月には、約5000匹の魚を氷漬けにしたスケートリンクがインターネット上で「残酷」などと批判されて中止となり、注目を集めました。

その一方で、閉園が決まってからは積極的なPRを展開。

ザ・ドリフターズのコント番組を彷彿とさせる言い回しで、「なくなるョ!全員集合」と呼びかけるポジティブなCMを制作したり、スケートリンクの件を逆手にとって「今年はなんと、普通のスケートリンク。今年は何もいません!」というCMを流したり。

これらのCMに対して「自虐感半端ない」「やけくそ感最高ですよね」といった声が寄せられ、ネット上でたびたび話題になりました。

こんなポスターです
そんなスペースワールドが先日公開した最後のポスターが話題になっています。

職員が並んで敬礼のポーズをとっている写真に、「またいつか、別の星で、会いましょう」のキャッチコピー。下の方には、こんな文章が書かれています。

◇ ◇ ◇

今年、変な広告ばかりしていたのは、最後まで笑ってスペワに来てもらいたかったからでした。

27年間、愛してくれてありがとう。

たくさんの笑顔を見せてくれてありがとう。

悔しいけれど、お別れです。

不器用で、ちっぽけで、でも、一生懸命がんばった遊園地を、どうか、どうか、忘れないでください。

◇ ◇ ◇

このポスターを写した画像がツイッター投稿されると、「ウルっときました」「溢れそうな涙を必死で戻してる」といったコメントが寄せられ、リツイートが5万、いいねは7万を超えています。

シェアする

フォローする