収容施設で「生のイナゴを」…脱北女性が証言

腸から大量の寄生虫が出てきた兵士の北事情を知ってしまったら、当然想像したくもありませんけど、そのくらいで驚きはしませんよ。ウチの祖父母が「戦時中は食べるものに困ってかまぎっちょ食べてた」って言ってたくらいですから。ちなみに補足するとカマキリっぽくはありますが、実はトカゲのこと。まあどのみち今の自分には耐えられないであろう凄惨な状況だったことには変わりませんが…。イナゴであっても佃煮など調理されてあればまだしも、生き物を捕えて生で捕食するって凡そ人間の食事としては末期を強いられた状態。でそんな暮らしをしてるということは話の通り、1度体調を崩したら復帰できる手立てはなく、終わりを待つばかりなのでしょうね。北の総大将からの暴挙を聞くたびに「何故立ち向かわないんだ」と昔は浅慮を持ってましたが、そもそも兵士があれですからね。国家を転覆させるだけの力と意志力を根元から奪われているのが今の北朝鮮なのでしょうね。

 【ニューヨーク=橋本潤也】2007年に北朝鮮から中国経由で韓国に亡命した女性が11日、国連の会合で、脱北に失敗後、北朝鮮の収容施設で味わった自らの壮絶な体験を語り、北朝鮮の人権侵害の実態を証言した。

 証言したのはジ・ヒョンアさん(38)。1998年から4回脱北を試み、3回は中国から北朝鮮に強制送還された。送還後「再教育センター」と呼ばれる施設で重労働を強いられた。施設では食料が不足し、生のイナゴや、廃棄されたキャベツ、カエル、ネズミなどを食べ、「多くの人が体調を崩し亡くなっていった」と振り返った。木の棒でたたかれたり、蹴られたりした上、過酷な生活によるとみられる病気にも苦しんだという。

 ジさんは3回目の送還後には、妊娠3か月で中絶を強いられたといい、「最初の子どもは、この世を見ることなく亡くなった」と声を震わせながら語った。

シェアする

フォローする