藤吉久美子 不倫疑惑に涙の謝罪…「軽率な行動で」、太川がいないと生きていけない

別にマスコミだってリスクなしに集材しているわけではありませんし、どんな有名人であってもプライバシーはある以上、今回先走ったというなら名誉毀損も検討できるのではないでしょうか?仕事の絡みで仕方なく…なんて事情、ありえないとは言いませんし、それで勝手に誤解して全国単位で晒し者にするとか普通に激怒して良いレベル。とまあここまでが彼女がシロだった場合の話で、じゃあ何故ボロボロになって号泣してるんですか?って疑問が浮かび上がってくるんですよ。報道の文字も声も一切無いものとして想像してみてください。これまで散々不貞を白日の下に晒されてきた愚か者たちと変わらないリアクションに見えませんか?誤解させただけでしょ?逆に演出過剰すぎて女優としての本領発揮…と解釈した方がよっぽど腑に落ちます。確かにまだ確実といえる話は無い以上、自分の推測もマスコミの騒ぎと変わらない類のものですけど、ベッキーと似たような流れを感じます。旦那も守るとか言っておいて全然出来てませんからね。

 女優の藤吉久美子(56)が14日、東京・羽田空港で取材に応じ、週刊文春で不倫疑惑を報じられたことに、「私の軽率な行動でご迷惑をかけ申し訳ございません」と涙を何度も拭いながら謝罪した。藤吉は終始、消え入るようなか細い声だった。

 夫でタレントの太川陽介(58)が会見を開いてから約7時間後の午後11時過ぎ、仕事先の福岡から帰ってきた藤吉は涙を流しながら報道陣約60人の前に姿を見せた。すっぴんのようにも見える薄化粧に、地味な色合いのワンピースに身を包んだ。左手薬指には銀色の指輪をはめていた。

 不倫疑惑の相手男性はドラマのプロデューサーとされ、藤吉自身の音楽活動にも関わっているとされることから太川に「紹介しようと思った」こともあったというが、「かなわなかった」と話した。

 男性に対して「お世話になったのですが、ご迷惑をお掛けして申し訳ないです」と述べた。男女の付き合いだったのかについては、首を振って「ない」と否定した。

 太川は会見で藤吉が不倫していないと「信じる」と語った。これについて藤吉は「信じてくれました」と涙し、太川から「これからは僕が君を守るから、もう迷うな」と声をかけられたという。藤吉は夫の言葉に「うれしかった」と述べた。

 藤吉は終始、ハンカチで涙を拭っていた。また、太川がいる自宅に帰るのかとの質問には首を縦に振ってうなずいた。離婚は首を振って否定し、「私は彼がいないと生きていけない」と話していた。

 夫妻は95年の結婚から、おしどり夫婦で知られていた。太川は会見で「うちのバカモンが」と頭を下げ、不倫がなかったと「信じる」と夫婦の絆を強調していた。

 藤吉は大阪の朝日放送(ABC)でドラマ部門のトップの立場にある既婚のゼネラルプロデューサー・A氏と不倫中であると、14日発売の週刊文春に報じられていた。

シェアする

フォローする