朝桐光

ある孫とおばあちゃんのエピソードがほっこりすると話題になりました。あっちこっち破けているダメージジーンズを見たおばあちゃんが、これからもっと寒くなるのに風が入ってきちゃうとダメージ加工されている部分を縫ってしまいました。孫はそれを見て怒るどころか可愛いな~なんて思ったみたいで、一生の宝物にするというツイートが反響を呼んで約7万件リツイートされました。ボロボロになっていると勘違いして縫ってしまったかと思ったら、見た目はそのままで裏から生地を当てて直してあるので高度な技術だと思いました。ダメージジーンズを見たご老人が、「お金がなくて穴が開いた服しか買えないのね」と勘違いしてお金を渡してくるケースがよくあるみたいです。お洒落でワザと履いていると説明しないとなかなか伝わらないみたいです。

室内で大きく捲くれ上がった布から見る光景がささやかな楽しみです。

しっかりとした重量感を感じるサイズは、これからどんな成長を遂げるか気になります。

もう少しで何かが変わりそうという人生の分かれ道、最後まで目が離せません。

シェアする

フォローする