「君の名は。」 韓国のグーグル検索で今年最多

2018年1月3日(水)夜9時から地上波初放送されることが決定して再び盛り上がりを見せている「君の名は。」ですが、韓国でも人気があったことに驚きました。ファンの中には「17回見た!」なんていうツワモノもいるみたいです。慰安婦問題や日本の竹島問題が表面化していますが、この作品を機に日本と韓国が歩み寄ってくれたらそれほど素晴らしいことはありません。他の国を差別したり、憎んだりすることは余分なエネルギーがかかるだけでお互いに得るものがありません。韓国の吹き替え版を見た日本のファンからは、吹き替えのセリフのタイミングが全く合っていない、演技力も素人みたいと痛烈に批判されています。特に主人公の三葉の演技にはため息すら漏らしてしまうほどです。日本語で見てもらえたらもっと評価が上がるんじゃないでしょうか。名作を台無しにする行為だけはやめてほしいですね。

【ソウル聯合ニュース】米グーグルの韓国法人が14日発表した2017年グーグル検索ランキングによると、今年、韓国ユーザーがグーグルで検索する際に最も多く入力したキーワードは、日本のアニメーション映画「君の名は。」だった。

「君の名は。」は韓国でもみずみずしい感性と映像美が高く評価された。365万人の観客を集め日本アニメでは異例の大ヒットを記録した。

2位は韓国ドラマ「鬼(トッケビ)」(原題)、3位はガールズグループf(x)(エフエックス)元メンバーの女優ソルリ。

次いで、女子中学生殺人事件で韓国社会を驚愕(きょうがく)させた容疑者「オグムニ・アッパ(奥歯のお父さんの意)」、スマートフォン(スマホ)向けMMORPG(大人数が参加するロールプレイングゲーム)「リネージュM」、韓国大統領の「文在寅(ムン・ジェイン)」の順で検索が多かった。

シェアする

フォローする