日馬、貴ノ岩を暴行後に白鵬ら数人とラーメンへ

この話だけを鵜呑みにするなら、既に説教イコール体罰であると、後輩たちの認識に植え付けられているってことになります。殴る蹴るが慢性的に行われているって…それだけで相撲界に自浄作用は無く、閉ざされた内輪ルールだけで締めくくられている世界でしかありませんよ。で、その先輩方は流血させた後輩を放っておいて仲良く締めのラーメンですか。ノリとしては「ついやっちまった悪りぃなハハハ!」って感じでしょうか?まあ実際の遣り取りは分かりませんが、こんなふざけたモンゴル集団を前にて、更に2週間前後も何にも問題に挙げられてなければ、そりゃあ貴乃花親方だって本腰入れて動くでしょう。これ芸能界で言い換えるなら、人生の途中まで接点があっただけの、他の事務所の人間に暴行を加えたって話ですよ。それが貴ノ岩の為なのか自らの願いの為なのかその両方か、はまだ彼が具体的な動きを見せていない以上は分かりませんけど。ただ我が子の様に扱い、同じ人種といえど他部屋の人間を傷つけて逃がす気はないって感じはします。

 大相撲の元横綱日馬富士関(33)の幕内貴ノ岩関(27)(貴乃花部屋)への暴行問題は11日、角界の元最高位が書類送検される事態に発展した。

 相撲ファンからは「暴力は許されない」「再発防止策を」との声が改めて上がった。

 「大横綱に失礼だ。謝れ」。捜査関係者によると、横綱白鵬関から注意された際にスマホを触った貴ノ岩関に、元横綱はこう言って殴りかかったという。

 鳥取市内のラウンジの個室であった酒席には、同じモンゴル出身の横綱鶴竜関や関脇照ノ富士関らもいた。同席者は鳥取県警に「横綱が後輩を叱っているという状況だっただけに、止めにくい雰囲気があった」と証言。暴行は1~2分に及び、無言で身を守っていた貴ノ岩関が出血してようやく、白鵬関が制止した。

 場が落ち着いた頃、元横綱は貴ノ岩関に「やり過ぎた」と謝罪。しかし、貴ノ岩関が傷口をタオルなどで押さえながら宿舎へ帰った後、元横綱は白鵬関や鶴竜関ら数人とともにラーメンを食べに行ったという。

シェアする

フォローする