機内食たべたCAを停職処分 中国「ウルムチ・エア」

何が面白く何がウケると思ったのか…この手の自爆撮影って未だにその考えに至った理屈がサッパリ理解できないんですよね。CAの規定的に何が1番問題行為だったのかその比重の割合は知りませんけど、「業務中のおサボり行為」に「許可無く機内食を物色」し、あまつさえその姿を自ら晒すような奇行に走っています。ウルムチ・エアどころかCAとしてのイメージまで傷つけていることは一目瞭然。同時にそのようなことすら分からない航空側の人間が乗っていること自体にも、乗客に対して不安を募らせる要因でしかありません。正直クビでなかった理由がサッパリ分かりませんよ。これが顔見知りではない第三者の行為だったなら、過酷なスケジュールなどから仕方なく腹に入れるしかなかった…なんてことも想像できますけど、先行き考えずに自爆しただけですからこれは救われません。

 中国の格安航空会社(LCC)「ウルムチ・エア」は7日、乗務中に余剰の機内食を食べていた客室乗務員(CA)を停職処分にした。機内食を食べる動画がネット上に投稿され物議を醸していた。

 映像は11月30日に撮影されたもので、乗務中のCAが余剰の機内食を食べる姿が映っている。

 ウルムチ・エアは7日、事実を確認し、CAを規定違反で停職処分にした。
 その後の調査報告によるとCAは、SNSで注目されることを狙って動画を撮影したという。停職期間は明かされていない。

シェアする

フォローする