「一瞬で脳からよだれが出る感じで、鳥肌が…」元“歌のお兄さん“杉田あきひろが背負う覚せい剤の恐怖

恐らくその飲み友とやらは、本当の友人ではなく自らが服用していたとしても、犯罪者を儲けさせるための人員だったのでしょうね。同時に杉田氏も二十歳を過ぎてこんなに安易に騙されるとはお粗末です。それが合法であれ、イコール安全性を確認された上での、法律が追いついているものなのか、調べなければ分からないじゃないですか。別段友人とやらが医療関係者と言う話も無く、個人差も配慮せずに依存性の有無を延べ、「1度経験してから止められる」と断言して口走るって…云わば知ったかぶりの「友人は良く選べ」と呼ばれるタイプですよ?普通に考えたら精神へ過度に作用させる成分なんて、恐ろしくて使用する気にはなれません。意志の力って余命宣告された人間ですら乗り越えたり延命したりする場合もありますけど、こと麻薬成分による依存症に限っては、意志の根元から挫かせてくれるほどの欲求に見舞われるのでどうしようもないって聞きます。正に「脳からよだれが出る」って欲求なのでしょうね。

「今ここで白い粉を見てしまったらやはり…でも、使わない選択をしたい」。

 ヒルクライムのメンバー、浅野忠信の父親で所属事務所社長、橋爪功の息子・橋爪遼元被告、清水アキラの三男・清水良太郎被告と、芸能界にも蔓延している薬物。7日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、NHK『おかあさんといっしょ』の9代目“歌のお兄さん“を務め、去年4月、覚せい剤取締法違反で逮捕、有罪判決を受けた杉田あきひろさんと一緒に、薬物問題を考えた。

■「びっくりするくらい気持ちよかった」

 現在、薬物依存者などの回復支援施設「長野ダルク」で回復プログラムに取り組んでいる杉田さん。朝6時に起床し、日中は掃除、ランニング、ミーティングを行い、21時に就寝する毎日を送っている。
 
 「去年の5月20日に保釈され、自宅にも戻らずにそのまま長野ダルクに入所した。薬物を使っていた時期は昼と夜が逆転していた。もう一度、社会とつながれるように、人としての生活の立て直しをしている。携帯電話もパソコンも使えず、お金の管理もできない状況。自分を見つめ直し、律するために必要な時間だと思っている。迷惑をかけた全ての方に謝ることができないままでいるのが辛いが、頑張っていれば、いつかちゃんと謝罪、埋め合わせができる時期が来ると思っている」。

 杉田さんが最初に覚せい剤の触れたのは、大学卒業後、ミュージカル俳優をしていた時期だったという。

 「飲み友達が僕の部屋に遊びに来て、『これ興奮剤だけど、杉田、知ってる?やってみない?』と。『ヤバイんじゃないの』と聞いたが、『合法だし、依存性もないからやってみない?』と言われたので、じゃあ試してみようかと。まだ20代で若かったし、本当に危ないんだったら、一回経験してみてからやめればいいと思った。びっくりするくらい気持ちよかった。当時は“エス“と呼ばれていて、それが覚せい剤だとは知らなかった。教えてくれた友達はその後、逮捕された。快感は忘れられなかったが、どう入手したらいいのかが分からなかったので、自分は止められた、手を染めずに済んだと思っていた」。

シェアする

フォローする