水原梨花

善きも悪きも目立つことで全体がそうであるかのように錯覚してしまうのが強烈な印象というやつです。さて既に日本に住まい多くのニュースを見ている皆さんは、海を挟んだ隣国に近い韓国に対してどのようなイメージお持ちでしょうか?一昔前は韓流ドラマやアイドルで非常に近しいところまで来ていたものの、昨今では韓国系日本企業の悪いイメージから始まり、こと本国に至っては不気味像を掲げて反日祭りを掲げる怪しい部族としか認識されていないものと思われます。何やらあちらの方では10日から28日までの間に「世界人権宣言69周年&韓日日本軍慰安婦合意2年」という大層なお題目を引っ下げて、全州巡礼イベントを開催しているってありました。これだけで反日は国民の総意で、慰安婦は誰からも親しまれるような哀れむべき存在。のように感じますが、あるときこんなニュースを見たのです。「バスに奇怪像を座らせえてみたけど誰も関心持ってなかったよ」とザックリ内容をまとめるとこんな感じ。もしかしたら日本に喧嘩を売ることで得をしている連中が、勝手に長期一大イベントに祭り上げているだけなのかもしてませんね。

籠めた熟年層だけが魅せる憂いと求めを感じさせる視線。

一見齢相応の地味さを感じさせますけど、手足のネイルはバッチリ気を使っていることから、内面は結構若々しいです。

何気に上着の体をギリギリしかなさない薄手仕様ですけど、下が全力で見せているので余計意識してしまうわけですね。

待ちに待った薄い霧が晴れたような清々しい瞬間。やや困惑した様子ですが、こちらと同じ心境でしょう。

何気に前以外は殆ど紐だったことに、喜びよりも驚愕。年季あるだけあって、タイミングと言うものを弁えているようでした。

シェアする

フォローする