泥酔した日本人が喫煙 チャイナエアライン機、桃園空港に引き返す/台湾

日本に赤っ恥かかせるとか丸で高校生のヤンキーがやらかしたような不始末ですね。この3人の年齢が気になるところですけど、航空機の予定を崩された事情から航空法にて科される罰金とは別に、比にならない額の損害賠償を請求されることでしょうね。まあ3人とても仲が良いようですから数百万程度でも頑張って逃げずに払っていただきたいものです。台湾の刑務所で教育していただけると尚良し。毎度思うのですが、周囲の反応も含めてアルコールを摂取する行為が1度目や二度目じゃなければ、大抵自分が酔っているときどのような状態になっているか分かると思うんですよね。馬鹿騒ぎして迷惑をかけるなんて、これが初めてではないはず。正直アルコールの摂取も免許制にして欲しいところですよ。

(桃園空港 10日 中央社)9日午後、桃園発バンコク行きのチャイナエアライン(中華航空)機内で日本人乗客3人が持ち込んだ酒を飲み、トイレで喫煙するなどのトラブルが起きた。安全を考慮し、航空機は離陸してから約30分後に桃園空港に引き返した。3人は航空機から降ろされ、航空警察局に引き渡された。

航空警察局によれば、3人は福岡から桃園空港に到着し、バンコク行きの航空機に乗り継いだ。乗り継ぎの際、空港の免税店で酒を購入。搭乗してすぐに飲み始め、大声で騒ぎ、乗務員から何度も注意を受けたという。3人は台湾に着く前からすでに酒に酔っていたとみられている。

3人の行為は民用航空法に違反した疑いがあり、最高で5万台湾元(約19万円)の過料が科される可能性があるという。

シェアする

フォローする