『M-1』新王者・とろサーモン、早くも仕事“秒刻み” オファー殺到も「貧乏という体力がある!」

まずは優勝した「とろサーモン」におめでとうの言葉を贈ります。和牛の漫才コントもかなり面白かったですが、サーモンのひねくれた感じが個人的にツボでした。これまでに苦労してきたことが実を結びましたね。二人の貧乏エピソードで、お金がないときは焼き芋を売り歩いていたそうです。優勝賞金1000万円を手に入れ、仕事も大幅に増えることが予想されるのでお金に苦労しなくてすみそうですね。優勝したときに久保田さんが言ってた「明日からが楽しみです!」という一言が、M-1ドリームを掴んだ一言として全てを物語っていますね。ネットでは「地上波向けではない」なんていう意見も多く出ていますが、これから活躍できるか注目したいです。

お笑いコンビのとろサーモンが、漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2017』(ABC・テレビ朝日系)で優勝し3日、東京・テレビ朝日で会見を行った。2002年にコンビを結成し、今年は出場資格ギリギリの15年目。ラストイヤーで初めてつかんだ決勝の舞台で最高の結果を出した2人だが、早くも仕事のオファーが殺到しスケジュールは秒刻み。歴代『M-1』王者恒例のうれしい悲鳴を上げた。

優勝が決まった瞬間からマネージャーの電話が鳴りっぱなしの状態となり、会見ではMCから「お2人の仕事が秒刻みになっているということで」とのアナウンスがあるほど。体調を気遣う声に、久保田かずのぶ(38)は「秒刻みで仕事が入ってもらっても、15年培った貧乏という体力があるので!」と胸を張った。

 「解散を考えたことは?」との質問を受けると、村田秀亮(38)が「東京に来て本当に仕事がなくて、毎日家のフローリングでよつん這いになって、長渕剛さんの『東京』を聞きながら40分間泣き続けるっていう状況だった」としみじみ。久保田も「落ちるならとことん落ちようと思って、キャバ嬢の犬の散歩をしたり、社長の靴磨いたりとか…そういうのがよぎりますね」とかみしめるように語った。

 優勝賞金1000万円の使い道を聞かれると、村田が「我々が宮崎出身なんですけど、宮崎空港のすごく目立つところに温水(洋一)さんの銅像があるんですけど、そこにとろサーモンも銅像も作っていただきたいなと思います」と笑顔で宣言。地元の宮崎では、ネットの関係で『M-1』が生放送されていないといい「1ヶ月遅れで放送するので…」とさみしそうにつぶやいていた。

 ファイナルはジャルジャル、かまいたち、カミナリ、マヂカルラブリー、ミキ、さや香、とろサーモン、和牛、ゆにばーす、敗者復活戦から勝ち上がったスーパーマラドーナの10組が出場。ファーストラウンドは、高得点順に和牛(653点)、ミキ(650点)、とろサーモン(645点)の3組がファイナルラウンドに駒を進め、最終的にとろサーモンが4票、和牛が3票という僅差で王者が決まった。

 同大会は「日本一の漫才師を決める大会」として2001年にスタート。2010年の第10回開催で一旦終了し、一昨年5年ぶりに復活した。司会はお笑いタレントの今田耕司と女優の上戸彩が担当し、審査員はオール巨人、松本人志、上沼恵美子、中川家・礼二、博多大吉、春風亭小朝、渡辺正行の7人が務めた。

シェアする

フォローする