コンビニで約163万円盗難

24時間営業ではないセブンイレブンが存在してること自体に驚愕してますが、閉店後の金庫に多額の現金があるってことも異様に感じています。基本的に本部に送金してるはずですし、手段としてのATMが銀行に行かずとも店内にある状態ですからね。機械自体を狙った派手なトラック突入窃盗であるならまだ納得できますが。そうなると事情や形態を知っている元従業員かオーナーないし金庫を開けられる者の犯行という線が濃厚でしょう。しかしコンビニで163万円って中々の額ではありますが、駅周辺ということで利用者や公共料金の支払い者などが多いんでしょうかね?

京都市山科区のコンビニエンスストアで、売上金約163万円が盗まれました。現場からは男が車で逃走していて、警察が調べています。

13日午前5時ごろ、JR山科駅前にあるコンビニエンスストアで、通行人の男性から「不審な男が店から出てきて車に乗って走り去った」と警察に通報がありました。

警察がかけつけると店の入り口の自動ドアが開けられていて、店内の事務所にあった金庫から売上金約163万円が盗まれているのが見つかりました。

当時、店は閉店時間中で自動ドアと勝手口は施錠されていて、売上金を盗んだとみられる男は店の前の歩道に止めていた車に乗り込み、東の方向に逃走したということです。

警察は男が逃走に車を使っていることなどから、数人が関わった疑いもあるとみて、窃盗事件として調べています。

シェアする

フォローする