相本みき

アメリカでの数学の授業って電卓使用が認められているそうですね。それこそテストですら憚られずに、という日本じゃ到底考えられないこと。ただ冷静に考えてみると、いま何でも効率化で携帯電話やパソコンにだって電卓くらい入ってるのが当たり前です。となると自身の力のみを鍛えるよりも、道具の使い方や応用の仕方込みで計算という舞台を渡り歩いた方が前衛的なんですよね。ツールの習熟も力であり、最終的な使い道は頭の良さを測るものではなく、答えを導き出すことのみ。多くの人間が数字を扱う現代において、1人の天才がいたとしてもその人間が100人分の仕事が出来るわけではありませんし、効率的には能力が劣っても100人がそれなりの作業が出来るほうが求められるわけです。総じて言えば日本は石頭だなと。

下着の様なバレリーナの様なちょっと変わった衣装ですが、ヒラヒラと舞うわけではなさそうです。

格好は寒そうでも肉付きと弾力は良さそうなので抱き枕にすると良い夢が見れそうです。

伸ばすとスラッと伺える中々の美脚。靴の豹柄は彼女の内面を指しているのでしょうか?

誘っているようで実はほとんどのポーズで注目される部分は巧みに隠しているんですよね。

シェアする

フォローする