「うんこ漢字ドリル」、1カ月半で100万部突破 「ワードの威力、想像以上」仕掛け人が語るヒットの理由

親目線で考えると、後の人格を取るか学力を優先させるかという二者択一に迫られる分岐路になります。苦手意識が顕れやすい勉強を楽しいものとしてハードルを下げられる。まるで魔法の様なドリルでしょう。ただこの禁忌の背景には下品か否かではなく、言ってないけない、怒られてしまう言葉だからこその愉悦が混じっているのですよ。極端に言うと暴力や窃盗に対して他者の都合を考えることなく思うがままに振舞えるに近いもの。男子小学生には喜ばれても女子には嫌がられるでしょうし、社会問題になりかねません。活用するなら自己責任だけではなく、親御さんがしっかり軌道修正してあげる必要は出てくるでしょう。

 「うんこ漢字ドリル」が売れています。6学年分の全3018例文に「うんこ」を使い、「日本一楽しい漢字ドリル」とアピール。出版元の文響社(東京都)によると、発行部数は3月下旬の発売から1カ月半でシリーズ累計100万部を突破したそうです。学習参考書というジャンルで、うんこネタがここまでうけたのはなぜか。例文全てを考えたという映像ディレクターの古屋雄作さんと、文響社の山本周嗣社長に聞きました。(朝日新聞文化くらし報道部記者・佐藤啓介)

きっかけは「うんこ川柳」

――このような漢字ドリルを思いついた経緯を教えて下さい

古屋雄作さん:2003年ごろから、「うんこをブリブリ漏らします」みたいに、うんこをネタにしたオノマトペ(擬音語、擬態語)を楽しむ「うんこ川柳」に取り組んでおり、ホームページで発表するなどしています。これを書籍化しちとか、漫画雑誌の投稿コーナーにしたいとか、出版社に持ち込んだこともありますが、なかなか採用してもらえませんでした。

山本周嗣社長:古屋君とは元々友人。「うんこ川柳」も当時から何となく知っていて、2年ほど前にふとそれを思い出し、古屋君に持ちかけました。

 ただ、「うんこ川柳」を本にしても、一体誰がターゲットなんだ?と疑問があった。こちらが「面白いだろ」と差し出すだけでは社会には響かないですよね。悩みながら川柳を眺めているうち、ふと「漢字なら、子どもの学習にもつながるのではないか」と思いつきました。

3018の例文 「うんこ漬け」で考えた

――小学生が6年間で学ぶ1006の漢字全てに3つの例文。合計3018の例文は古屋さんが一人で考えたそうですね

古屋:1学年分ずつまとめて考えては編集部に持って行き、フィードバックをもらってまた考える、ということを繰り返しました。基本的に集中して一気に取り組みたいタイプなので、1週間くらいずつ「うんこ漬け」の期間をつくり、朝から晩まで考えていました。

――うんこの夢を見たり、追い詰められたりすることはありませんでしたか?

古屋:それはありません。むしろ、武者震いというか。沖縄のホテルをとって缶詰になったこともあります。外の砂浜では、結婚したカップルが式用か何かの写真を撮っている。オーシャンビューのホテルで、そういう景色を見ながら、ひたすらうんこのことだけを考えました。3、4年生の例文を考えていた時期だったかな。

 各学年の子どもたちが理解できる例文であることが大前提。語彙が増える高学年の方が、うんこと組み合わせたら面白そうな熟語が増え、考える幅は広がります。ただその分、前に使ったのと似た文章にはしない、といった縛りも増えていきました。

シェアする

フォローする