NHK有働由美子アナ「痴漢のまね事」で友人泣かす

これは流石にドン引きするようなカミングアウトで、自分だったら縁切ってますね。有難迷惑や恩着せがましい類にして相手側の性格や都合は一切考慮に入れない独善的なタイプです。ショック療法にしたって事情を一切話さず行うのはその友人にとって痴漢被害経験を増やしただけのもの。当時の恐怖はホンモノなんですからまね事ではなく列記とした犯罪です。情けなく感じるのは48歳にもなってお笑い話の様に加害話を平然と話せる有働アナの良識。NHKから不祥事が続出してるその一面を見たような気がします。

 NHKの有働由美子アナウンサー(48)が、高校時代に電車内で友人に痴漢のまね事をしたという仰天エピソードを明かした。

 12日放送の「あさイチ」では、ゲストの女優黒木華を交えて、電車にまつわるエピソードトークが繰り広げられた。

 有働アナは高校時代に友人と電車通学をしていたが、その友人は頻繁に痴漢被害に遭いながらも、恥ずかしくて言えずに悩んでいたという。そこで有働アナはなぜか「一緒に乗った時、私が痴漢のまね事をした」と、意外な行動に出たことを明かした。

 やはり声を出さずに電車を降りてから泣いていたという友人に、有働アナは「アレはあたしだよ」と明かすとともに、「(痴漢されてると)言いなさいよ!」と忠告したのだという。有働アナは「(痴漢を訴える)練習させてあげようと思ったんです」と説明したが、この仰天行動に井ノ原は笑いながら「訴えられたらどうするの!?」とたしなめた。

シェアする

フォローする