警察署から8,500万円盗難

正に警察汚職を敵としたハリウッド映画さながら。視野に入れてるとありますが重量に金庫内管理と言うことで、どう考えても内部犯以外にありえないでしょう。逆に警察が署内に侵入されて証拠品に手をかけられたならば、逮捕や裁判においてなんら信憑性も持てなくなります。認めれば不祥事として土下座ものでしょうがそれでも外部犯よりは良いでしょう。まず暗証番号知った人間が第一に疑い、監視カメラを調べれば窃盗事件だなんて騒ぐ前に逮捕報道からスタート出来そうなものです。

広島県の広島中央警察署で、詐欺事件の証拠品として金庫で保管していた現金8,500万円余りが盗まれていたことがわかり、警察は窃盗事件として、内部犯行も視野に捜査している。
警察によると、8日午後8時ごろ、広島中央警察署1階にある会計課の金庫に、高額詐欺事件の証拠品として保管していた、現金8,572万円がなくなっていることに担当職員が気づいた。
警察は、多額窃盗事件として捜査を始めていて、警察内部の犯行も視野に、署員からくわしく事情を聞くなど慎重に調べている。

シェアする

フォローする