「少しのお金でも欲しかった」 キャンペーン差額詐取未遂で男逮捕 千葉市

これは騙されたなら、その側にも問題がある類でして、全く同様の手口による被害は皆無だと思われます。どんなレジに行ってもレシート無しでは返品は出来ませんし、ポイントカードの類でも1度凄惨を終えたら自己責任です。それこそ店長に相談するべき事案であって、店員が決めて良いことではないでしょう。数千円程度でお困りならばそれこそ日雇いのバイトを探しに職安に赴くのが正しい社会人としてのあり方です。しかも返品出来る未使用のアイコス現品持ってたってことはこの計画以前は諭吉さん一枚は持っていたわけでして、暫く食べる分には困らなかったはず。まだ若いのですから借金なんて論外ですしちゃんと働きましょうよ。

 米フィリップモリスの加熱式たばこ「アイコス」のキャンペーンを悪用し、現金をだまし取ろうとしたとして、千葉中央署は8日、詐欺未遂の疑いで八街市、自称アルバイトの男(20)を逮捕した。

 逮捕容疑は4月21日夜、アイコスのキャッシュバックキャンペーンを実施している千葉市中央区内のコンビニで、アイコスを同店で購入したよう装い、店員に「キャンペーンを利用しないでそのままの値段で買った」「いったん返品してキャンペーンの値段で買わせてよ。3千円の差額は現金でくれればいい」などとうそを話して現金を詐取しようとした疑い。

 同署によると、不審に思った店員が詳しく事情を聴いたところ、男は言い訳をして逃走。同店が同署に通報し、防犯カメラの映像から割り出した。

 男は「借金があり少しのお金でも欲しかった」と容疑を認めている。同署は他にも同様の手口で現金を詐取した可能性があるとみて、詳しく調べる。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)

シェアする

フォローする