ヤマト運輸が配送していた「はこBOON」がサービス休止へ

言葉通り重量無視してサイズのみで発送できるので何かと便利だったんですけどね。やっぱり色々と内部変化に伴った、割に合わない商売の取り止めってところなのでしょう。ことサイズで暴利聞かせてるのはアマゾン筆頭でしたからね。同じく積荷の問題や運転手の負担などを一切考えていないサービスだったのは分かりきっていたこと。同時に今抱えている未払い残業代が解決した後にどれだけの社員が残ってくれるかも覚悟しなければなりません。他社に比べてあからさまに利便性が高いことってカラクリがなければ誰かがその分、大変な目に遭ってるということ。利用者としても運送業界が少しでも存続できるようにある程度の痛手は我慢するべきなのでしょう。

 伊藤忠商事は5月9日、配送サービス「はこBOON」の提供を一時休止することを発表した。再開時期は未定だという。7月10日17時59分をもって配送の申込み受付を終了し、8月9日23時59分をもって店舗発送手続きの受付も終了する。発送管理(マイページ)は8月31日17時59分まで閲覧可能。

 はこBOONは、ファミリーマート、ヤフー、ヤマト運輸、伊藤忠商事の4社が、2010年3月に開始した配送サービス。サイズではなく重さで料金が決まるため、箱が大きくなっても低価格で送れることが特徴だ。主にオークションサービス「ヤフオク!」の商品をファミリーマートの店頭で発送する用途で使われていたが、近年は「メルカリ」などのフリマアプリでも使われている。また、配送はヤマト運輸が担っていた。

 サービス休止についての詳細やQ&Aについては、順次ウェブサイトで知らせるとしている。

シェアする

フォローする