本・CD・DVDをすぐ売れる「メルカリ カウル」登場 バーコード読み取り10秒で出品

どんどん効率化が進んでいって中古関係の店が軒並み火を吹いてる状態になってますね。バーコードありきの品ならば既に詳細情報を打ち込む手間すら要らなくなったわけでして、中古市場まるごと乗っ取られるに等しい戦略です。流石に1度着てしまった服などはタグもありませんし、ブランドや設定金額で勝負するしかありませんけど、本や家電の類だったら気軽に出来ます。手数料こそ引かれるものの、店を仲介せずに得られる金額は元の比較にならず。むしろ個人が店舗として構え、メルカリに土地代払ってるようなものですしやっぱり今のニーズにあってるんでしょうね。

 メルカリ子会社のソウゾウは5月8日、本・CD・DVD/Blu-ray Discに特化したフリマアプリ「メルカリ カウル」のiOS版をリリースした。商品のバーコードを読み取るだけで簡単に出品できるのが特徴。Android版は6月にリリース予定。

【最短10秒出品の仕組み】

 出品したい商品のバーコードを読み取ると、タイトル、著者/アーティスト名、発売日、定価などの情報を自動で入力。過去の取引傾向から売れやすい価格も自動提案する。ユーザーは商品の状態と価格を入力するだけでよく、最短10秒程度で出品が完了するという。

 ユーザーが購入した本を、アプリ内の購入履歴から再出品することも可能。メルカリと同様、販売価格の10%が手数料として差し引かれる。

 商品はメルカリにも同時出品される。メルカリアプリとの連携機能も備え、過去のユーザー評価を確認できるほか、互いの住所や名前を知らせず配送できる「らくらくメルカリ便」も利用できる。

 今後、出版取次業者と連携して新刊販売も行う予定。

シェアする

フォローする