「水族館で『美味しそう』OKです」 ネットで話題の看板、その意図は?

日本人は散々魚介類と接してきた文化がありますから、どうしても食と切り離すことは出来ません。その意味では水族館と言うと綺麗や神秘的という言葉の方が適した施設だとは思いますけど、おいしそうと自然に言葉が出てしまうのもある種の真理ではないでしょうか?ムードタップリのカップルの真横で口にしたらガラスに入るヒビの如くですが。そのような方々も少なからずいるので、館側の配慮が無い場合には控えるのが一応は吉。無邪気なお子さんがペンギンって美味しいのかな?って呟くだけで空気が凍りつきそうですし、完全スルーもまた問題かと。

「水族館で『美味しそう』OKです」。

とある水族館に貼られている看板がTwitter上で話題になっています。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

これは熊本県天草市にある水族館「わくわく海中水族館シードーナツ」に貼られている看板。Twitterユーザーが投稿し、たちまち話題になりました。

看板には以下のように書かれています。

「美味しそう」はお魚たちが元気な証拠です。褒め言葉と思ってたくさん使ってください!(中略)せっかくの天草、帰りに海鮮を食べましょう!!

これに対し、Twitterユーザーからは「お腹空くからな」「言っていいんだ…」などの声が寄せられています。

その意図は?

BuzzFeed Newsは同館飼育担当者に意図を聞きました。なんでもこの看板は以前からあり、今年の2月頃に現在のものに張り替えたそうです。

「本に書かれていた言葉ですごく感銘を受けたんです。お客様が『美味しそう』と思う魚は元気な証拠。魚たちにとっては本当に褒め言葉なんですよ。ほかの水族館ではあまり見かけないと思いますが。。。」

シードーナツは過去に「KCD(きもかわドーナツ)総選挙」や「ウツボ神社で初詣」などユニークなイベントをしています。

「魚のことを身近に感じてもらうのも狙いです。魚をみて『美味しそう』と思うのは、ある意味当然のことなので。ぜひ遊びに来て、『美味しそう!』と声に出してくれればうれしいです」

シェアする

フォローする