TBS系「王様のブランチ」新MCにアンジャッシュ渡部&佐藤

10年務めた谷原章介さんと新川優愛さんが大様のブランチを卒業し、新たな司会者としてアンジャッシュの渡部さんとモデルの佐藤栞里さんがえればれました。今大活躍中の二人なので、息の合った司会進行がみられそうですね。渡部さんと言ったら出演キャストよりも多くの情報をお茶の間にお届けするのが上手で、映画の評論家のようなトークが大人気です。彼が語る映画をついつい見たくなってしまう、そんな饒舌なトークが安定して聞けるという事でこれからの大様のブランチがさらに楽しみになりました。

TBS系生情報番組「王様のブランチ」(土曜前9・30)の司会が4月から、お笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建(44)とモデルの佐藤栞里(しおり、26)に代わることが23日、分かった。

3月いっぱいまで務める俳優の谷原章介(44)とモデルで女優の新川優愛(23)から、バトンを受ける。番組は書籍や映画、グルメなどの最新情報を伝え続けて約20年。4月から放送21年目に入るのを前に、新司会コンビが決まった。渡部は男性司会の3代目、佐藤は女性司会の6代目となる。

プロデューサーの平賀渉氏は、渡部の起用理由について「グルメはもちろん、音楽やスポーツにも精通し、あらゆる情報を敏感かつ的確に伝えられる」と説明し、「しかも、お笑いのエッセンスを盛り込むことができる」と大きな期待を寄せる。

佐藤についても「持ち前の素敵な笑顔が老若男女を問わず日本中を魅了し、土曜の朝にひときわ爽やかな潤いを与えてくれると確信しています」とゾッコンだ。

期待を担う渡部は「歴史ある番組に抜てきいただき、大変光栄。(相方の)児嶋(一哉、44)という足手まといもいないので、精いっぱい頑張りたい」とユーモアを交えて抱負。佐藤は「生放送の司会は初めてなので不安でいっぱい。でも、渡部さんはじめ皆さんのお力を借りて、私自身も思いきり楽しんで、ワクワクできる情報をお届けしたい」と気合が入っている。

シェアする

フォローする