狩野英孝、会見終了後から謹慎…イベントキャンセルは50本以上

淫行罪で問われていた狩野さんが、現在出演予定だった仕事50本をキャンセルしたことが分かりました。この数だけ見ると、やはり人気のお笑い芸人さんだったことが分かりますね。私たちが普段テレビで見ている彼の姿は、仕事のごく一部の部分で、見えないところでラジオに出ていたり、PRイベントに参加していたりと、芸能人も忙しいようです。たった一人の未成年の少女の存在で、彼がこれだけの仕事を失うという事です。またこれにより番組関係者に多大な迷惑をかける結果となりました。一人の少女の嘘、これが彼の人生を大きく左右することになってしまうかもしれませんね。

狩野は会見終了後から謹慎期間に入った。

所属事務所は、レギュラーを務めるテレビ番組3本と50本以上のイベントをキャンセルしたことを明かした。収録を終えた番組の放送に関して「各局に判断を委ねます」とした。この日夜、フジテレビ系「さんまのお笑い向上委員会」は「昨年12月23日に収録したものです」という説明を入れて狩野の出演部分も放送された。相次ぐ不祥事を重く見ての無期限謹慎となったが、狩野の芸能界引退や解雇について担当マネジャーは「そこは全く(ない)。こちらとしては一緒に仕事をしたい人間」と否定した。

シェアする

フォローする