嶋大輔 自宅売却、対人恐怖症など引退後のつらい日々を告白

選挙に出馬するという事で、多くの人から声援と応援を受け壇上に立った嶋大輔さん。責任感が強いからこそ、自民党の公認を得ることができずに、選挙というレースから降りてしまったことに、とても罪の意識を感じてしまったのでしょう。だからこそ対人恐怖症になり、家から外に出ることができなくなったそうです。家族を養うはずである一家の大黒柱がこんな状態であるにも関わらず、奥様は気遣ってくれていたようです。色々な人の差さえもあり、今では外出ができるようになりましたが、人間どこで転がるかわかりませんね。

1980年代、『男の勲章』が70万枚の大ヒットとなり、一躍スターダムにのし上がった俳優の嶋大輔(52才)。参議院選挙に出馬するため2013年4月、芸能界を引退。ところが、自民党の公認を得られず、すぐに出馬を撤回した。それから芸能界に復帰をしたのは2015年7月のことだった。復帰までの間、家に引きこもるなどつらい日々を送っていたという。嶋が”空白の2年間”のすべてを告白する――。

――芸能界引退から昨年復帰するまでの間、なにをしていたのですか?

嶋:自民党に内定をいただいていたのに、急に公認見送りでしたから、ショックで半年くらい何もできませんでした。こんな結果になって、信じてついてきてくれたファンの方にも申し訳ないという気持ちになりましたし、家に嫌がらせもありましたし…。

色々なことが一気に起こって、人を信じられなくなって、対人恐怖症のようになったんです。半年は家にこもって、誰とも会いたくない、しゃべりたくないという状況でした。その後、外に行けるようにはなりましたが、コソコソしていましたね。誰かに見られているんじゃないかと思って、マスクなしでは外出できませんでした。そのせいで、部屋のごみ箱はマスクの山でした(苦笑)。

それにその頃、ストレスで急激に太りました。政界に進むと決めてから芸能界引退会見をするまでに7kg太って、公認取り消しでまた7kg太って、それからまた少し増えて94kgだった体重が110kgまで増えたんです。

――復帰まで、ずっと無職だった?

嶋:芸能界を辞めたけれど、生活しなきゃいけないですよね。ぼくには妻と2人の娘がいますから。そんな時、友達や先輩方が、ソーラーパネルの営業をしようと声をかけてくれたんです。営業の仕事を始めてみて、改めて、サラリーマンで日本は支えられているなと実感しました。

――対人恐怖症なのに、たくさんの人と対面する営業回りで大丈夫だった?

嶋:子供の寝顔見ると、「この子たちを食べさせるのが俺の責任だ」という思いが強くなっていったんです。最初は無理をしてやっていました。営業先に行くと、ぼくを知っている人もいるんです。「もしかして嶋さん?」と話しかけてもらえるようになって、凍っていた心が溶けていきました。

――奥さんから「早く働いて」などと言われた?

嶋:妻は気を使ってくれて、何も言いませんでした。それが余計、つらく感じたりしてね。営業を始めるまでは、何の予定もないのに「仕事探して来る」と土手に行って、ボーッと時間を潰したこともありました。だからぼくが立ち直ったのは、妻が見守ってくれたり、友人が仕事に誘ってくれたり、周りの人の支えが大きかったです。

――自宅も売却したそうですね。

嶋:そうです。1年以上働けませんでしたからね。それに選挙に出るとなると、その準備のためにお金が必要だったんです。知り合いから2000万円くらいお金を借りていたので、その返済もありました。一戸建てを売却して、賃貸のマンションに引っ越しました。

妻は、「それがあなたの選んだ人生なんだから。戻れないなら、前を向くしかないじゃん」って言っていました。ありがたいなと思いましたね。

――政治家になって法律を作りたいという思いは、もうない?

嶋:政治はもうこりごりです(笑い)。でも、あの頃、法律を作っていじめを減らしたいと思った気持ちを失ったわけじゃありません。外に出られるようになってから、いじめに関しての講演をしたり、不登校の子たちが集まるフリースクールに行ったりしました。

政治家にならなくたって、自分で発信していくことができるんだと気づいたんです。それは、芸能人であるという実績が役に立つんですよね。フリースクールにはいじめられて、閉所恐怖症とか自閉症になってしまった子がいて、彼らとじっくり話をしました。

いじめられた子って「自分はこの世にいちゃいけないんだ」と思ってしまうんです。第三者の手によって人生が狂わされるなんて、あっちゃいけませんよね。しっかり目を見て、「そうじゃないよ。夢を見ていいし、みんな使命を持って生まれてくるんだから」と話しました。小学生から高校生くらいの子たちです。

――そんな活動をしながら、なぜ去年のタイミングで芸能界に復帰した?

シェアする

フォローする