松ちゃん“確執騒動”角田がドタキャン!?「共演NGとかの小さい話ではない」

たくさんの人間がいる芸能界、だからこそ絶対に共演NGという人もいるでしょう。業界では有名な話もチラホラ聞きますが、その中でもダウンタウンの松本さんとタレントの角田さんはNGで有名だそうです。また角田さんの方がどうしてNGなのかテレビで疑問に思っているような発言をしたことで、松本さんがその理由を明かしてくれました。どうやら8年前に角田さんがドタキャンしたことにより企画が流れてしまったようです。大きなプロジェクトだったようで、多くの人に迷惑がかかったようですね。こういった一つの信頼が失われた過去は大きく、取り戻すことは至難の業です。

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(53)が22日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。タレントの角田信朗(55)が松本から共演NGにされたと主張した騒動について初めてコメントした。

MCの東野幸治(49)から話を振られた松本は「カビの生えた話。8年話を今さらします?だったらマギーの話をしたい」と困惑した表情ながら「事実はちゃんとしておかないと」と、騒動の発端となった8年前の出来事について話し始めた。

松本によると、8年前に日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」での企画で、レフェリーを角田にオファーしたところ、一度は角田側が了承。衣装などすべて整えていたにも関わらず収録2日前になって角田からドタキャンされたという。角田はブログで「自粛という名目で出演を断った」と主張しているが、松本はドタキャンしたことを「ご本人は分かっていないのかな」と不思議な様子。結局、代役のレフェリーが見つからずに企画は流れたと打ち明けた。

壮大なスケールの企画だったことから、多数の芸人のスケジュールなど影響が出たことに触れ「これが大問題。僕が怒っているとかの問題じゃない。吉本(興業)や日本テレビとの問題で、共演NGとかの小さい話ではない」と力を込めた。

その後、角田に出演依頼を出した件については「何かの手違いで…」とし「この世界のしきたりというか、その人とまた数カ月後に笑いながら番組してたら、ほかの人達からしたら何やねんという話になる」と説明。また、「なぜ8年も経って、僕を名指して話しているのか分からない。8年経ってブログで言うのはルール違反。ルールは誰よりも分かっている人なのに」と最後まで困惑した表情を崩さず、最後は今回の発言でまた角田がブログで反論する可能性にも触れ「それはちょっと(辞めてほしい)…」と訴えた。

シェアする

フォローする