桜井心菜

『メメント』という記憶が10分ほどしか保てない男の話の映画を見ました。事故にあってから新しいことを覚えることができなくなってしまったので、事故を起こす前の記憶はきちんと残っています。朝起きて自分がどこで何をしていたのか記憶できていないので、体中に大切なことは墨を入れてあります。またメモを残すことで、次にやるべきことを把握していくのですが、実際にもこういった障害がある人はいると思います。ただ映画を見終わって思いましたが、何を信じるかは自分次第ですね。残されたメモだって確実に正確な情報ではありません。その時々自分の受け方によっては同じ文章でも意味がかわってきます。記憶だって月日が経つにつれ曖昧なものになるでしょう。何が正確で、何が不確かなものなのか、なんだか映画を見ていて不安になってしまいました。

日中家にいることの多い奥様だって、体のメンテナンスは欠かせません。

専業主婦だからって久しぶりに会った友人に劣化したなんて言われないためにも見えない努力があるのです。

出産したばかりの体形は多少崩れるかもしれませんが、子供を育てるためにふくよかになった胸は自慢です。

普段からキッチンは整理整頓されて、とても使いやすい彼女のテリトリーとなっています。

たまには疲れた旦那さんの体を気遣って、肩をもむこともあります。こういった小さなことが仲のいい夫婦でいる秘訣でしょう。

シェアする

フォローする