【楽天】福山、球界にいた常識をぶち破る男…わざと腹痛トレ!生肉も賞味期限切れも食う

わざと賞味期限切れのものを食べたり、生肉を食べたりと、通常であればお腹を壊してしまうような食べ方をあえて続けているという福山さん。本人いわく、これを続けることにより胃が鍛えられているそうですが、普通の方は絶対に真似しない方がいいでしょう。特に生肉には熱を加えることで殺菌できる菌もついているので、それをそのまま体内に入れるのはとても危険です。彼だからこそ現状維持できているものの、上人であれば胃痛や腹痛を訴えている頃でしょう。胃や腸にも個人差があり、強い弱いあると思いますが、これを努力のみで鍛えることは可能なのでしょうか。

楽天・福山博之投手(27)が19日、異例の食トレを導入していることを明かした。3年連続で60登板以上のタフネス右腕は「シーズン中に食べられないものを食べている。おなかを壊すくらいものを食べて、胃を鍛えている」と打ち明けた。性」

その食事内容は想像をはるかに超えたものだ。「カキを食べまくるとか、賞味期限が10日くらい過ぎたものを食べるとか。焼き肉を焼かないで生肉で食べることもしています」。世の中ではインフルエンザやノロウイルスが流行しているが、お構いなし。考えただけで具合が悪くなるような食事を、率先して口に運んでいる。良い子は絶対にマネできない食事法だ。

狙いは明白。初の70試合登板へ向けた一種の精神修行だ。「ノロにかかっても練習できたら、ある程度試合で投げられるし、熱があっても投げられる。(シーズン中に)おなかが痛くなった時の練習ができる」と表情一つ変えずに淡々と説明。昨季は8月中旬から12登板連続無失点を記録するなどブルペンを支えた一方で、4月下旬には2連敗を喫するなど、好不調の波もあった。さらなる進化へ向けて考え抜いた結果、常識をぶち破った。

だが、今のところ不思議と体調に変化は表れていない。この日は京都府内で自主トレを公開。キャッチボールやランニングを行ったが元気いっぱいだった。「ここまでは順調。けがをしない体を作って、今年もチームの勝ちに貢献できる投球がしたい」。言葉の一つ一つが頼もしかった。

◆福山 博之(ふくやま・ひろゆき)1989年3月27日、島根・雲南市生まれ、27歳。大東中を経て、大東高に進学。高校までは二塁手だったが、大商大進学後に投手に転向した。2010年ドラフト6位で横浜(現DeNA)に入団。12年オフに戦力外通告を受け、合同トライアウトを経て楽天入り。14年からは3年連続で60試合以上登板。172センチ、70キロ。右投右打。年俸7500万円。背番号64。

シェアする

フォローする