カメラのキタムラ、22店舗一斉閉店へ

カメラのキタムラの経営難が続いているようです。最近ではスマホのアプリで色々なプリントサービスやフォトブックのサービスが激安で出来てしまうので、あえて店頭に足を運んで高い金額を払ってまでカメラのキタムラでプリントしてもらうという人が減っているのでしょう。まだまだスマホのアプリは手が出せないという高齢の方などが未だにカメラのキタムラを利用しているというところでしょうか。私も今はフォトブックのみをカメラのキタムラにお願いしていますが、そのクオリティは他のサービスでは提供できない程綺麗で、本物の本のようです。これからもお願いするつもりでいるので、まだまだ頑張ってほしいですね。

カメラ販売チェーンの「カメラのキタムラ」が、さいたま市の岩槻・東岩槻店など、少なくとも18道府県の22店舗を今月から来月にかけて一斉に閉店することがわかりました。

運営する「キタムラ」では、カメラの販売などが落ち込む中で携帯電話の格安販売に力を入れていましたが、去年、総務省がスマートフォンの端末代を「実質0円」とする値引きを規制したことで、売り上げが大きく落ち込んでいました。(18日10:40)

シェアする

フォローする