桂歌丸、笑顔で退院「少し息苦しさはありますが」…2日から肺炎で入院

多くの高齢者がガンや肺炎、脳梗塞により亡くなってしまう件数が多い中、80歳という高齢で肺炎による入院から復帰した桂歌丸さん。さすが底力を持っている人は違いますね。私の祖父も最後は肺炎をこじらせて亡くなってしまいましたが、呼吸が苦しそうで、何かを話しかけてくれているのですが、何をしゃべっているのかもわからず、それだけが最後まで引っかかりました。きっと泣いている私に何かを言ってくれたのだと思いますが、背が大きくて存在感のある祖父が、最後はとても小さく感じました。

2日に肺炎のため横浜市内の病院に入院していた落語家・桂歌丸(80)が18日、退院した。

【写真】入院した桂歌丸の代演をつとめた春風亭昇太

歌丸は、元日に新宿末広亭の初席に出演したが、体調不良を訴え2日に病院に行ったところ、そのまま入院。治療を受け、数日後には検査の数値もよくなり、体調も改善、この日の退院が決まった。

「肺炎は治りました。まだ少し息苦しさはありますが…」と語った歌丸。肌の色つやもよく元気だった。

昨年12月にも同様の症状で入院したが、わずか1週間程度で退院しただけに「前回は無理したけど、今回はお医者さんの言うことをちゃんと聞きました」と話した。

しばらくは自宅で静養し、体の状態を見て、高座に復帰する予定だ。

シェアする

フォローする