「大手と比べやすい」と好評、格安スマホに広まる「新料金プラン」とは?

毎月引き落とされる通帳で、携帯電話の使用料金を確認するのですが、2台で2万円を超えている月が基本で、携帯電話の使用量で毎月これだけ支払っているのは勿体ない気がしていなりません。通話なんてほとんどなく使用しているのはラインとネットくらいなもので、携帯電話本体の料金の支払いもありますが、少し高すぎます。この半分くらいの価格で利用で着たら助かりますね。ただ携帯電話本体の機種にこだわりがあるのであれば、やはり我慢して使用するほかありません。私もどうしてもiPhoneが使いたいのでしぶしぶこの料金を支払っています。

大手携帯電話会社よりも通信料金が安いと注目されている「格安スマホ」。最近、通話定額オプションを組み込んだセット型の料金プランが、格安スマホの新しい販売方法として注目されている。

例えば、大手の「楽天モバイル」では、SIMフリースマホの分割購入代金、格安SIMの月額料金、5分間限定の通話料割引オプションをセットにした「コミコミプラン」を提供している。

このコミコミプランでは、4つの専用料金プランが提供されている。「プランS」(1年目は月額1880円)と「プランM」(同2480円)は通信容量が月2GBまで、「プランL」(同2980円)と「プランLL」(同3480円)が月4GBまでとなる。

各プランともに選べるスマホがいくつかそろっており、どの機種を選んでも月額料金は変わらない、シンプルなプランだ。ただ、楽天モバイルが格安SIMの購入者向けに従来から提供している料金プランや、指定外の機種が選択できない点は気になる。

楽天の担当者は「大手携帯電話会社からの乗り換えを検討している方を中心に、『自分に合うスマホと料金プランの組み合わせがわからない』という声が多く寄せられていた」と、セットプラン導入の理由を話す。

料金プランと端末が限定されている理由については、「自分で端末とプランを組み合わせるのではなく、『おすすめを教えてほしい』という人も増えていることから、わかりやすさとすすめやすさを兼ね備えたものにしたから」(同)とする。

なお、コミコミプランには最低利用期間が設けられていて、契約から24カ月以内に解約すると1万2000円の契約解除料が掛かる(従来の料金プランでは音声通話SIMにのみ12カ月間の最低利用期間があり、契約解除料は9800円)。

新機種に変更できるプランも

一方、格安SIMや格安スマホを開発・販売しているプラスワン・マーケティングも、同社の格安SIMサービス「FREETEL SIM」(フリーテル)の月額料金、端末の分割購入代金、5分間限定の通話料割引オプション「FREETELでんわ」をセットにした「スマートコミコミ」を2016年11月から提供している。

スマートコミコミでは選べる料金プランの自由度が高い。フリーテルで提供されている段階制の「使った分だけ安心プラン」と、月次制の「定額プラン」のうち1GBから20GBまでのなかから料金プランを選択できる。独自の最低利用期間なども設けられていない。

また、端末の購入から6カ月が経過していれば、分割代金の残額を支払わず、新しいスマホに機種変更できるのもスマートコミコミの特徴だ。旧機種はプラスワン・マーケティングが回収し、メーカー再生品として国内外で販売する。購入から1年以上がたっていれば、故障した端末でも残額不要で機種変更できる。

「古い機種や故障を抱えた端末で耐えながら、分割払いが終わるのを待っているユーザーは多くいる。そのようなユーザーに対して、半年から1年ごとに登場する新機種へ、自由に取り替えられる環境を提供したかった」とプラスワン・マーケティングの担当者は言う。

大手携帯電話会社も含め、スマホの分割払いは24回、つまり2年間代金を支払い続けるケースが一般的だ。筆者の周辺にも、出費を抑えるために修理をためらい、不便でもそのまま使い続けている人が何人かいる。最短6カ月で残金を支払わずに機種変更できるスマートコミコミは、戦略的なセットプランと言える。

シェアする

フォローする