長野・野沢温泉村のスキー場で遭難の4人を無事発見

スキー場に遊びに来ていたオーストラリア人の4人が遭難してしまったニュース。無事に翌日に救助されたようですが、夜の間雪に穴を掘って寒さをしのいでいたようです。パニックに陥っていたら何も考えられずに凍えて死んでしまったかもしれませんが、きちんと知識のある人で助かりましたね。無駄な体力は使わずにその場で寒さをしのぐことが重要です。よく遭難した時にはあまり体力を使わずに最低限の動きで温存しておくことが命の分かれ目と言いますよね。

 16日に長野県野沢温泉村のスキー場で遭難したオーストラリア人とみられる4人の捜索が17日朝から再開され、全員が無事、救助されました。

救助されたのは、オーストラリア人とみられる50代の女性とその子ども3人の合わせて4人です。警察は16日に続き、17日も午前7時半ごろから9人態勢で捜索を再開していましたが、約1時間後に4人を発見しました。軽い凍傷の人もいますが、全員、無事だということです。4人は標高が1649メートルの毛無山の山頂付近を滑走中に迷ったとみられ、スキー場によりますと、コースの外に向かって滑った形跡があるということです。また、4人は木の根元に雪穴を作って夜を過ごしたということです。

シェアする

フォローする