黒崎セシル

昨日TOKIOの長瀬さんが出演している『トゥーヤングトゥーダイ』という映画を見たのですが、長瀬さんの鬼役がはまり役すぎて、違和感が全くありませんでした。鬼メイクに負けていない存在感というか、普通であれば鬼のメイクをすると誰が誰だかわからなくなるのですが、長瀬さんに限っては個々が全く死んでいないのです。彼の前世鬼だったのではないでしょうか。死んだあとの、あの世の世界観がとても独創的で、なんだか想像していた地獄とは少し違うのですが、こんな地獄だったら行ってみたいかなと思えるような場所でした。

福与かな胸が作る谷間には色々なものがはさめそうですね。

寝転がっても胸が左右に逃げることなくキープされているのは偽物の証拠!?

綺麗な体は場所がどこであっても関係ありません。

どんよりした雨の中でもパステルカラーの彼女が傘をさして立っているだけでパッと華やかになります。

彼の部屋に呼ばれた彼女は恥ずかしそうに座ります、もしかするとパンツの中に何か仕込まれているのかな?

シェアする

フォローする