<ES細胞>ミニ小腸作製に成功 移植に期待

なんだか再生する細胞ときくと、宇宙外生命体のような感じで、怪我や事故にあって体の一部が損傷しても、驚異的なスピードで再生する映画のようなことが、この先実現するのではないかと、ちょっと怖くなることもあります。実際に私たちの体がそういった特殊な体になってしまった場合、さらに寿命は延び、高齢社会がさらに深刻化するでしょう。一方で高齢者の方も不自由なく働くことのできる体を手に入れることができるので、働き手があふれて、仕事に就けない就職難民がごろごろ出現することになります。

ヒトのES細胞(胚性幹細胞)から、機能を備えた「ミニ小腸」を作り出すことに成功したと、国立成育医療研究センター研究所の阿久津英憲・生殖医療研究部長らが12日、米医学誌「JCIインサイト」に発表した。腸の難病の治療法や創薬開発につながり、将来的には移植医療への応用も期待される。

腸は臓器の中でも構造や機能が複雑で、さまざまな細胞に成長できるES細胞やiPS細胞(人工多能性幹細胞)から人工的に作り出すのは難しく、これまでに作製が報告されているのは表面部分だけだった。

チームは約5000個のES細胞が1カ所に集まるように設計した特殊な皿を使って培養したところ、ES細胞の集合体は約2カ月で大きさが1センチほどの立体的な小腸に成長した。腸が食べ物を送り出す際に伸びたり縮んだりする「ぜん動運動」がみられたほか、栄養分や薬の成分を吸収する能力なども備わっていた。

チームはiPS細胞からも同様の小腸作製に成功している。

先天性や炎症性の腸の病気には、発症の仕組みすら分かっていないものも多い。また、小腸は移植が行われているが、他の臓器に比べ成功率は低い。

チームは「診断・治療法の開発、薬の安全性試験はミニ小腸を使ってすぐにでもできる。将来的には、ミニ小腸を患者の小腸に移植し、働きを代替させるような臨床応用も考えられる」としている。【藤野基文】

シェアする

フォローする