鈴木亜美、第1子男児出産「大切に大切に逞しく育てていきます!」

鈴木亜美といったら中学の頃の私にとっては憧れの女性でした。容姿もかわいくて歌もうまい、まさにパーフェクトな人。よく真似して当時の彼女のヘアスタイルを通っていた美容室に持って行ってお願いしていました。似ても似つかない存在ですが、少しでも真似したいという当時の思いは今でも変わりません。そんな彼女も一人の母親となりました。女性は子供を産むとかなり変わるとされていますが、いい意味で新たな鈴木亜美さんが見られたらいいなと思います。

歌手の鈴木亜美(34)が12日午後8時15分、都内病院で第1子となる3228グラムの男児を出産した。

鈴木はきょう13日に所属事務所を通じて「抱きしめると落ち着いて寝ている我が子を、これから守り、大切に大切に逞しく育てていきたいと思います。応援して下さった方々には、心から感謝しています。今後とも、温かく見守っていただければ幸いです」とコメントを発表。活動開始時期は今年4月を予定している。

ファンクラブでも「小さな小さな身体から、少しフライング気味に一生懸命泣いて産まれてきてくれたベビくんを見た時には涙が溢れ、これ以上にない幸せな気持ちになりました。」と報告し、「あみママ頑張ります」と母になる決意を表明した。

なお、鈴木はきのう12日の午後7時から「LINE LIVE」でトーク番組を配信する予定だったが、同日午後1時頃にツイッターで「体調不良の為、中止にさせて頂きます。ごめんなさい」と告知していた。

鈴木は昨年7月に7歳下の会社員との結婚と妊娠3ヶ月を発表。「一緒に過ごす中で、ありのままの私をいつも優しく見守ってくれて、そして、男らしく力強く、私を支えていてくれるそんな誇らしい姿に、人生を共に歩んでいける存在として意識し始め、この度、結婚の運びとなりました」と夫の人柄を紹介していた。

鈴木は1998年に「love the island」でデビュー。翌99年の「BE TOGETHER」で同年の『NHK紅白歌合戦』に出場するも、2001年より契約事務所との契約トラブルで活動を休止。05年からエイベックスに移籍し活動を再開、09年からは本格的にDJ活動を始め、現在では国内・海外でも活躍している。

シェアする

フォローする