授業中にハンドボール用ゴールの下敷きに 小4男児死亡 福岡

ハンドボール用のゴールが倒れ、下敷きになった小学4年生の男子生徒がなくなりました。まさかあのポストが倒れてくるなんて誰も想定していなかったことでしょう。しかしサッカーゴールと比べて少し小さめのサイズになるので、場合によっては傾くこともあるのでしょう。打ち所が悪かったのか、授業中での死亡事故に、周りの生徒に対してのケアも重要になってきます。まだまだ短い人生の中でこうして人の死に直面する機会もなかなかないので、相当なショックを受けていることでしょう。

13日午前、福岡・大川市の小学校で、4年生の男子児童(10)が、授業中にハンドボール用のゴールの下敷きになり、死亡した。

事故があったのは、大川市立川口小学校。

警察や消防によると、13日午前9時40分ごろ、4年生の体育の授業で、サッカーの試合中に、キーパーをしていた男子児童が、ゴールのネットにぶら下がったところ、バランスを崩して、地面に落下した。

そのはずみでゴールも倒れ、児童の首のあたりが、ゴールポストと地面に挟まれる形になった。

消防が駆けつけたところ、男子児童は目がうつろで、呼びかけにも反応せず、ドクターヘリで久留米大学病院に搬送されたが、死亡が確認された。

授業で使われていたゴールは、ハンドボール用で、幅およそ3メートル、高さ2メートルだった。

事故の際、担当の教師は、審判を務めていたという。

シェアする

フォローする