ATM手数料205万円過大徴収 りそなが設定ミス

お正月でお札を両替する機会があったので知ったのですが、最近では両替手数料を取る条件が徐々に細かく定められているようで、銀行によっても変わってくると思いますが、私がよく利用する銀行では10円玉と50円玉は窓口での両替になるのですが、その際に1日に1度50枚までの両替以上は手数料が発生するようです。今までは1日に100枚まで両替可能でしたが、銀行側も一つの手続きに手数料をとらなければやっていけないのでしょう。利用者側からしたら一気に不便になってしまいました。

りそなホールディングスは11日、プログラムの設定ミスで、ATM利用手数料を計約205万円過大に徴収していたと発表した。過大徴収分を口座に返金する手続きを進めている。

誤っていたのは、今年1月10日午前8時45分から午後0時59分までにりそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行、コンビニ大手サークルKサンクスなどのATMで、りそなグループ以外のキャッシュカードを使った計1万8989件の取引。本来は108円の手数料だが、誤って216円徴収していたという。プログラム設定の際に平日と祝日を取り違えたという。利用者からの問い合わせで発覚した。

これとは別に、1月9日午前8時45分から午後6時の取引では、本来は216円のATM利用手数料を108円しか徴収していなかった。最大3万9千件、約420万円の徴収漏れだが、利用客への請求はしないという。問い合わせは、専用窓口(0120・27・1767)へ。

シェアする

フォローする