「歯がない人」抑うつリスク1.28倍に

どうなると鬱のリスクが上がるのか、研究しだしたら色々な要因があると思いますが、その一つで歯がない人とある人で比べると、1.28倍鬱のリスクが上がるようです。これを少ないとみるか多いとみるかはわかりませんが、最近知人がパワハラにあい、鬱手前という診断がつきました。頭では分かっていても体が動かず、朝起き上ることができないようで、この苦しみは鬱になった本人にしか分からないと言います。周囲から見るとただ怠けているようにしか見えないので、まだまだ精神疾患に対しての理解は低いのが現実です。

高齢者で歯が全くない人は歯が20本以上ある人に比べて抑うつになるリスクが1.28倍と高くなることが神奈川歯科大学などの研究でわかった。

この研究は、65歳以上の約1万4000人を対象に歯や口の健康と精神的な健康の関係を調べたもの。その結果、「半年前に比べて固いものが食べにくくなったと感じている人」は「そうでない人」に比べて気分が落ち込むなど抑うつの状態になるリスクが1.24倍高いことがわかったという。

また、「歯が全くない人」は、「歯が20本以上ある人」に比べて1.28倍、抑うつ状態になるリスクが高いという。

山本龍生教授は「高齢者にとって食事は大きな楽しみであり、友人らとの食事は社会参加という意味でも重要で、歯の健康を保つことが精神的な健康につながる」と話している。

シェアする

フォローする