エスパー伊東、引退報道を否定「一言も言ってない」

昨日、記事でとりあげたエスパー伊東さんの引退報道ですが、本人は一言も言っていないと完全否定したようです。一体どこの誰がそんなデマを流したのかわかりませんが、こういったこと一つで大きく取り上げられてしまう芸能人は大変ですね。私生活を全て覗かれているようで、休まるところを探すのも一苦労です。以前、お笑い芸人でも酔った勢いで引退を宣言し、たったの一夜で撤回した人もいましたね。こういったネタを即座に取り上げる報道部からはいい迷惑でしたが、芸能界も引退と宣言しても勝手に消えたとしても、私たち視聴者からしたらどちらも変わりません。

一部スポーツ紙で引退が報じられたタレントのエスパー伊東(56)が10日、自身のブログを更新し、引退を否定した。

伊東は「お騒がせしました」と題したエントリーで「某スポーツ新聞誌が『エスパー伊東引退』と報道したため反響が凄まじく対応に追われた一日だった」と報道に触れ、「『引退』するなんて一言も言っていないのにスポーツ新聞には良いように書かれた。不本意」と引退を否定し、記事内容について苦言を呈した。

今後については「芸能は今まで通りではなく副にし、アート主に活動してゆきたい。これが本音だ」とし、アート活動をメインにしながら、芸能活動については副業として継続していくことを宣言している。

この日の一部スポーツ紙によると、伊東はこれまでのダメージから関節が悪くなってドクターストップがかかったこと、アーティストとしてのアイディアを練っていずれ個展を開くことを目標としていることから、芸能界を引退すると報道。現在決まっている半年後までの仕事はこなし、その後は未定であるとの所属事務所のコメントも掲載している。

シェアする

フォローする