かゆみ物質、抑制に期待=アトピーで重要たんぱく発見―九大

アトピー性皮膚炎で悩んでいる人はたくさんいます。子供の頃から肌が弱く、色々なものに対して皮膚が過敏に反応し、炎症を起こす。もちろん直接的なものもあれば、食べ物からの影響で内側から炎症を起こすものもあります。厄介なのが遅延性のアレルギー食品で、時間差で出てくるので、いったい何が原因だったのか特定するのが難しくなります。一度病院で調べてしまえばいいのですが、何分項目がものすごくあるので、その検査にかかる時間と費用は大きなものです。食べ物を気を付けることでかなり改善されるようですが、ステロイド薬を大量に使うのも、その副作用を知っている分、気がひけますね。

アトピー性皮膚炎でかゆみを引き起こす物質の一つ「インターロイキン31(IL―31)」の生成に重要な役割を果たすたんぱく質を発見したと、九州大生体防御医学研究所の福井宣規主幹教授らが10日までに発表した。論文は英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された。

このたんぱく質「EPAS1」の働きを抑える物質を見つければ、新たな治療薬になるという。

かゆみの原因物質はヒスタミンがよく知られ、アトピー性皮膚炎のほか、じんましんや花粉症などの治療に抗ヒスタミン剤が使われる。しかし、アトピー性皮膚炎の場合はIL―31などの原因物質もあるため、別の治療薬が望まれる。

ヒスタミンは皮膚や鼻の粘膜などにあるマスト細胞(肥満細胞)から放出されるが、IL―31はリンパ球の一種のヘルパーT細胞で生み出される。福井主幹教授らはマウスや患者のヘルパーT細胞で、IL―31の生成がEPAS1によって誘導されることを発見した。

シェアする

フォローする