愛沢ひな

昨日は、認知症の進行がひどくなってしまった祖父の病院へお見舞いへ行ったのですが、ほとんどの親戚のことを覚えていないようでした。しかしきちんと会話は成立するので、ごく普通に病院内でも生活できているようです。ただ自分が住み慣れた家へ帰りたがっている姿は見ていて切なくなりますね。徘徊さえなくなれば危険も少なくなるのですが、どうしても夜の間中家族が起きて見張っている訳にもいかないので、こういった専門機関でお願いするほかありません。もしも自分が認知症になって大切な家族や友人を忘れてしまったらと思うと、とてつもない恐怖に教われます。

V字になった際どすぎるビキニ、こんな破廉恥なビキニを着て泳ぐ勇気はありません。

小さなオッパイマニアにはたまらない、小さなビキニ、ちょっと前かがみになったら見えてしまいそう。

あるのかないのかわからないくらいの胸をコンプレックスに感じている女性の恥じらう姿が溜まりません。

S字ラインに腰をくねらせて、お尻を高くつき上げると、なんとも美しい曲線美が見えます。

女性ならではの柔軟な体のしなりに魅力を感じる男性は多いでしょう。

シェアする

フォローする