体熱抑え食事促す細胞群=延髄で発見、肥満治療期待―名大

食欲を促す細胞の発見に成功したそうです。逆を言ったら、この細胞を減らすことに成功すれば、食欲を抑えることができるというわけです。これは肥満治療の大きな前進といえるでしょう。命の危険性がある患者にしか、本当に効果のあるやせ薬は処方されないようですが、もう少し一般市民が簡単に手に入れられるような薬が開発されたらいいですね。食べても太らないわけではなく、食べる量自体を減らすことができるということですから、自分の意識から変えていくことができそうです。

空腹の際に脳から信号を受け、体熱の発生を抑えるとともに食事を促す神経細胞群が延髄にあることが分かった。名古屋大と群馬大、米オレゴン健康科学大の研究成果で、5日付の米科学誌セル・メタボリズム電子版に発表された。

異常な飢餓反応が引き起こす肥満症や拒食などによる低体温症の仕組みを解明し、治療法を開発するのに役立つという。

空腹になると、脳の視床下部から飢餓感を伝える物質が放出され、体熱によるエネルギー消費を減らすために交感神経の働きを抑えるとともに、口で物をかんで食べるように運動神経を働かせる。

名大の中村和弘教授らはこの交感神経や運動神経への中継役を果たす細胞群が延髄の「網様体」と呼ばれる領域にあることを、ラットやマウスの実験で解明した。

シェアする

フォローする