祝日が「土曜(に重なる)率に絶望」 2017年の傾向に「心折れそう」

今年は祝日が土日に被る月が多くあるようで、カレンダー通りの休みがある学生や会社員からは悲鳴が上がっています。せっかくの祝日なのに、いつも通りの休みと変わらないとなると、やはり残念ですよね。個人的にも子供の休みにお出かけなどの計画するので、連休がなくなると寂しい気もします。なかなか帰ることのできない実家などにもいく回数が減ってくるのでしょう。特にこれにより打撃を受けないのは不定休の職場に通う人ですね。休みも連休も関係なしに働いている方にとっては特に関心もないでしょう。

2017年は、昨年に比べて祝日で会社が休みになる日が「4分の1」も減る――。カレンダーを眺めながら、そんな「悲しい現実」に気付いてしまったビジネスパーソンからの痛切な叫び声が、年明け早々のインターネット上にこだましている。

今年は、土曜日と重なる国民の祝日が4日もあり、「週休2日で土日休み」など土曜休みの人にとっては、その4日分の休みが減る形となる。このため、「今年は頑張れそうにない」「心折れそう」と嘆くネットユーザーが続出しているのだ。

■16日中、4日が「土曜」

2017年の祝日のうち、土曜日と重なるのは、

・2月11日「建国記念の日」
・4月29日「昭和の日」
・9月23日「秋分の日」
・12月23日「天皇誕生日」

の計4日。国民の祝日は現在、1年に16日。昨16年は土曜日と重なる祝日が無かったため、週休2日(土日休み)の人にとっては、単純計算で今年の祝日休みは、昨年より4分の1、減ってしまうことになる。

こうした点に気付いたビジネスパーソンからは、17年に入ってツイッターやネット掲示板に、

「今年祝日少ないの本当に辛い…心折れそう、もうすでに…」
「去年から4日も祝日少ないんだね、ふざけんな」
「今年は頑張れそうにない」
「祝日の土曜日率に絶望する。土曜日じゃ振り返らないんじゃぁぁぁ」

といった悲鳴が噴出している。

(土日含めた)3連休の数は「昨16年と変わらない」

とはいえ、春のゴールデンウィーク(GW)は、カレンダー通りなら、最大連続休みが昨16年の3日から、今年は5日に増える。昨年は「金曜から3連休、月曜平日で、火曜から3連休」だったが、今年は土日を含め「水曜から日曜まで5連休」となる。

そのほか、正月とGWを除く期間の「土日を含む3連休」だけをみると、昨年も今年も「7回」と変わらない(うち4回の祝日は、「●月の第●月曜」という形で定められている)。

こうした点を踏まえると、今年の祝日の傾向は「数は昨年より4日も少ないながら、効率の良い配置になっている」――そうポジティブに捉えることができる……かもしれない。

もっとも、土曜日が休みではない人も多い。実際、「土曜休みじゃないから普通に嬉しい」「普通に仕事やから土曜祝日嬉しい」といった喜びの声もツイッターなどに上がっている。

シェアする

フォローする