高齢者を75歳以上に=65歳は「准」、定義変更提言―老年学会

高齢者の年齢を65才から75歳に引き上げるべきだという提言が発表されたようです。確かに年々若返りを魅せる日本の女性。65歳と言ってもまだまだ綺麗なマダムでありつづける女性や、何時までもダンディで若々しくいる男性も多くいます。年齢を聞いてびっくりするような容姿の方も稀ではありません。当人だって65歳でおじいちゃん、おばあちゃん扱いされることに抵抗があるようです。孫が生まれてもばぁば、じぃじと呼ばれるのを嫌がる方もいますね。可愛らしく「あーちゃん」と呼ばせる方もいるようです。

日本老年学会などは5日、現代人は心身が若返っているとして、65歳以上とされる高齢者の定義を75歳以上に引き上げるべきだとする提言を発表した。

65~74歳は準備期間として新たに「准高齢者」と区分するよう求めた。

提言は、現代人は10~20年前と比較し、加齢に伴う衰えが5~10年遅く、「若返り」がみられると指摘。65~74歳では活発に活動できる人が多数を占め、社会一般の意識としても高齢者とすることに否定的な意見が強いとした。

その上で、高齢者の年齢を75歳以上に引き上げ、65~74歳は就労やボランティア活動ができるよう後押しし、「社会の支え手」として捉え直すべきだとした。一方で、年金受給年齢などに反映させることには慎重な態度を示した。

シェアする

フォローする