ブラジル北部マナウス暴動=刑務所のずさんな管理露呈=2016年は全土で392人の囚人が死亡

刑務所に入るという事は、罪を犯した自分自身が更生するための場所、また罪を償う場所ですが、入所後の管理がずさんだったために、繰り返し起こる囚人同士の暴動により、何人もの囚人が刑務所内で命を落としていることが分かりました。重い罪も軽い罪もある程度の罪人は同じ刑務所内に入っていると思いますが、ここに入ったら命を落とす危険性のる場所には誰も行きたくありません。きちんとした管理下の元、課せられた年数を刑務所内で過ごし、決められた労働をして出所していけるのがベストですね。

1日~2日に発生し、60人の死者と186人の脱走者を出した、アマゾナス州マナウス市内の刑務所での暴動は、ブラジル全土に留まらず、世界的に耳目を集めている。

5日付の現地サイトは、2016年はブラジル全土の刑務所で392人の囚人が暴力事件で死亡したと報じた。死者数1位は、昨年5月に囚人同士の抗争から14人が死亡した北東部のセアラー州の50人で、2位はペルナンブッコ州の43人だ。アマゾナス州は10人で13位だった。

ブラジルの刑務所での暴動は、定員に対して収監者が多すぎる事と、所内にも犯罪組織の抗争が持ち込まれる事が主要因だ。

アマゾナス州会計検察局は4日、「(州の委託で6刑務所を管理している)ウマニツァーレ社は、刑務所管理費が他州より高いのに管理が不行き届きだ」との報告書を出し、州政府に同社との契約打ち切りを求めた。

同州財務局によると、16年のウマニツァーレ社への支払いは前年の2倍強の4億2940万レアルで、囚人1人あたり月5867レアルを支払っていた計算になる。この額は、2100レアルとされるサンパウロ都市圏の約3倍だ。

アマゾナス州会計検察局のルイ・マルセロ検事は、「刑務所内は完全に統制を失っている」と報告書に記した。刑務所内には様々な武器、携帯電話、脱出用トンネルがあることが確認されている。

法務省は、刑務所の管理を民間に委託する形態を、「危険度の高さに関わらず給与が低いため、定着率が低く、囚人に買収されやすくなる」と批判している。

批判を受けたウマニツァーレ社は、「弊社の任務は刑務所内の清掃、囚人への法的、社会的保護、電子機器を使った囚人監視で、所内管理に直接的に関わるのは州だ」と発表した。

テメル大統領(民主運動党・PMDB)は5日、事件発生後初の関係閣僚会議を招集し、その席で犠牲者を悼み、遺族への連帯の意を示した。

同会議に出席したアレシャンドレ・モラエス法相は「アマゾナス州政府は事件発生の危険性を知っていたはず」と同州を批判した。

シェアする

フォローする