小林麻央 がん公表後初TVで語る 黒髪ショートのウィッグで笑顔

ガンで闘病中の小林麻央さんが、がん公表後初めてテレビに出演。黒い髪のショートウィッグで今までとは違った印象を受けますが、笑顔は以前のままのように感じます。彼女が笑うと周りがパッと華やかになり、他の人を笑顔にさせるパワーのようなものを感じますね。こうして重い病気と闘いながらも笑顔を絶やさず、見えないところで痛みと戦っている彼女、そんな小林麻央さんを支えている海老蔵さん。この家族の幸せはすべての国民の願いでしょう。どうしてこんなにも若くてきれいな小林麻央さんに神様はガンという試練を与えたでしょうか。

がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が、日本テレビ系で9日午後10時から1時間半にわたって放送される特番「市川海老蔵に、ござりまする。」でインタビューに応じた。麻央がテレビカメラの前で語るのは昨年6月のがん公表後初めて。麻央自ら提案して実現したインタビューで、収録は今月4日、入院している病室で行われた。

麻央は黒いショートヘアのウィッグ(かつら)姿で、黒いリボンがついた上着姿。うっすらアイメークも施しており、瞳をキラキラさせ、笑顔で取材に応じている。番組では、闘病中、心の支えになった海老蔵の言葉や、闘病を経て夫婦の絆が強まったと感じた瞬間、闘病を献身的に支える海老蔵への感謝の思いなどを語った。

麻央は4日のブログで「二カ月ぶりにお化粧をし、朝から緊張していました」「インタビューを受けました」とインタビューを受けたことを告白。5日のブログでは、海老蔵が自身の闘病について取材で「何でも答えている姿を見て、申し訳ないなぁ、ありがたいなぁと思いました」と思ったことなどを挙げ、「私にも何か少しでもできることがないかなと、思った時に 主人の密着番組のことが浮かびました」と夫のために、と自ら提案し、がん公表後、初めてテレビカメラの前で語ったことを明かした。

久しぶりのインタビューについて「気合は、必要でした」と告白している。

日テレの海老蔵ドキュメンタリー特番は今回で第4弾。取材班は、麻央がキャスターを務めていた「NEWS ZERO」での2人の出会い以来、海老蔵一家を取材し続けてきた。9日放送の番組では、結婚以来の家族の歩みとともに、6月のがん公表記者会見の緊迫した舞台裏など、騒動の中で妻や家族の日常を守ろうと奮闘する海老蔵の姿を描く。

海老蔵は6月9日に会見し、麻央の乳がんを公表。2014年10月にがんが見つかったこと、がんのステージについて「深刻」などと語っていた。

シェアする

フォローする