未来すぎ! アマゾン、貨物飛行船からのドローン配達を計画か 新特許判明

少し前からアマゾンなどの即日配送が、配達業者にとって負担になっているというニュースが報じられましたが、確かに休む間もなく、労働時間の長い配達員は相当体力に自信がない限り潰れてしまうでしょう。そこで新たな計画が進んでいるようです。なんと飛行船を使ってドローンで配達をする方法です。何とも未来的な発想ですね。そのうち空から荷物が届くようになるかもしれません。しかしそうなってくると色々犯罪を生み出すものもいるもので、届くはずの荷物が奪われたりと、犯罪対策も同時に必要になりそうですね。

アマゾンといえばイギリスにてドローン配達「Prime Air」を試験的に開始していますが、将来はこんな夢のある計画を抱いているのかもしれません。同社は新たに、「在庫を搭載した飛行船からドローンによって配達を行う(AFCs)」特許を申請しています。

この特許では、無人、あるいは有人操縦の飛行船が約1万4000mの上空を飛行します。そしてその内部には頻繁に注文される在庫と、ドローン(UAV)が格納されているのです。上の図でも、左側にドローン、右側に在庫が搭載されていることがわかりますね。

そして「Prime Air」などのドローンを利用した注文が入ると、コンピューターが飛行船の在庫を確認。そして在庫があればそれをドローンに装着し、簡易な翼を搭載したドローンが注文社の家まで滑空して商品を届けるのです。またドローンのプロペラは目標地点に近づいた後に起動され、より正確な移動を可能にします。

なお荷物を配達したドローンは、在庫を搭載した飛行船には直接は帰りません。地上のステーションに帰還し、小型の飛行船などに商品在庫や燃料と一緒に搭載されて空中の飛行船へと補充されるのです。また、この小型の飛行船は余分な在庫の持ち帰りにも使われます。

この特許に実現の可能性があるのかと言われると、正直全くわかりません。しかし荷物が空を飛んでやってくるサービスがもう一部地域で始まっているように、この突拍子もない飛行船によるドローン配達もいつか現実となる日がくるかもしれませんね。

シェアする

フォローする